新着情報

マンション管理の知識

昨年12月に開催しました『第14回マンション大規模 修繕セミナー』に於きましては定員100名を超える ご参加をいただき、ありがとうございました。 また、会場内が狭くご迷惑をお掛けいたし申し訳 ございませんでした。本年は、皆様のお役に立てるよう 昨年以上に頑張りたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

今回も前号の続きからお話ししたいと思います。国土交通省が監修した「マンション管理の知識」 で設計監理方式は【設計と施工が分離しているので施工業者の選定が同一条件で適正に行える。

「工事の厳正なチェックもでき管理組合は安心できる」と紹介され、ここ5年くらいで急速に実施数が増加したと感じます。福岡セミナーでも当初は「設計監理方式とは何か?」というテーマでお話しをしていましたが最近ではアンケートにその先の内容を知りたいという方が増えました。

私も「設計監理方式」をお勧めしますが、失敗がないとは思いません。 「設計監理方式」にもデメリットがあります。 それは、どの建築士にも得意分野と不得意分野があるということです。

医師免許はおなじでも、内科、外科、眼科等々専門分野が分かれているように同じ建築士免許を持っていても新築に強い、改修に強い、デザインに強い等々様々な方がいます。

建築士なら誰でもマンションの大規模修繕工事が出来るかというとそうではないのです。

もちろん資格を持った建築士なので通常の工事は出来ます。 しかしマンション大規模修繕工事というものは通常の工事ではないのです・・・

Featured Posts
Recent Posts
Archive

一般社団法人
​マンション大規模修繕協議会 福岡支部
メール:mansion.kyogikai@gmail.com  
電 話:092-292-8205
FAX:092-292-0735

Copyright (c) 一般社団法人 マンション大規模修繕協議会 福岡支部 all rights reserved.