マンションの長期修繕計画

~マンション70年化計画をお薦めいたします~

今、お住まいのマンションは築何年目にあたるのか、チェックしてみて下さい。

●一般的な統計事例

戸数:40世帯
構造:鉄筋コンクリート造(外壁:タイル仕上)
修繕積立金:9,450円/月×40世帯=378,000円×12ヶ月=\4,536,000/年
工事内容:鉄部は6年毎に塗替え、大規模修繕(建築)は12年毎に、大規模修繕(設備)は築後30年目に設定。
※現在の設備配管(給水)は樹脂管(約40年耐久)などが多く使われている。

※あくまでも一般的な試算であり、マンションの形状などにより工事金額は異なります。
尚、エレベーターおよび機械式駐車場等に関する修繕費用は含まれておりません。

総 評 価

図面(建築・設備)は、修繕工事の準備段階から使用頻度が高い為、大事に保管。

自分のマンションの設備配管は、耐久年数がどれだけあるのか?
知っておくことが非常に重要。費用が足りなくなることが大半。

築後何年かで、積立金値上げになることが多く、根拠を確認しておくことが重要。
管理会社任せでは無く、自分たちのマンションは、自分たちで守る意識がさらに重要。

Please reload

自分のマンションの築年数および修繕履歴を考慮し、再計画することが最重要